ストレスに負けないために。その3

Posted On 2015年3月18日| コメントをどうぞ

看板の修理が完了したので、今日から出してまーす!
でも雨降るみたいですね。ちーん。
今日は炊飯器でチキンピラフ作りましためぐ先でーす。

では、前回の続きで副腎皮質ホルモンの材料ブログです。

今日は、ビタミンCとパントテン酸です。

ビタミンCもタンパク質と同様にストレスを受けると大量に消費してしまいます。
これは美容にも悪影響ですね。

日常的に発生する活性酸素に対抗したり、免疫力を強化したりする使われて
なんともマルチな活躍をし、体の各所で必要になるために不足しがち。

しかーも!
ビタミンCは水溶性ビタミンになるため血中に長くとどまることができないので、
こまめに摂取する事が大切になります。

具体的には2〜3時間置きに200㎎から300㎎を目安に摂取するのがいいとされてます。
なかなか難しいですけどねf^_^;

そして最後にパントテン酸。
これはビタミンB群の1種で、意外と多くの食品に含まれています。

例えば鶏もも肉、牛ヒレ肉、牛、豚、鶏のレバー、
たらこ、うなぎ、魚介類、納豆、アボカド等。

タンパク質の事も考えると肉類や魚類を摂ると一石二鳥☆

タンパク質、ビタミンC、パントテン酸で副腎を強くして、
ストレスに負けない心を作れたらいいですねー(〃▽〃)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>